「老いては子に従え」を実感したかかりつけ医

PR|集客コンサルティングのBTCメンズ化粧水人気ランキング大阪歯周病名医図鑑大阪歯周病人気ランキング
30代中頃から住み始めた街で近所の内科開業医にお世話になっていましたが、その当時は中年の男性医でした。その後長い海外生活が続いて30年ぶりにその街に戻ってきた時にはその医師の娘である女医に引き継がれていました。当然のことですが、始めて診察を受ける医師ではあるのですが、親子二代に渡ってお世話になる自分にとってはとても懐かしい医院、そして待合室でありました。ところがその待合室では30年前とは大きな違いを感じたことが一つありました。それは順番を待っている患者さんたちが皆高齢者だったことです。正に高齢化社会の縮図のような待合室の雰囲気だったのです。そしてハッと気が付けば自分もその一人となっていたのです。30年前は患者が比較的若く、医師が自分よりはるかに年上でしたので先生の言うことには素直に従っていたのですが、今や医師の方が若く、その親のような年齢の自分が先生の言うことに従う時代になっていたのです。本当に久しぶりに訪れたその医院で正に「老いては子に従え」を実感しました。
普段は体調がいまいちな時は、なるべく早くに近くの内科を主な診療科目にしているクリニックに出向いています。そのために自ずとそこがかかりつけ医になっています。もともとは年配の先生だったのですが、代替わりをして息子がクリニックを引き継いでいます。当初はまだ若くて大丈夫かなという心配もしていたのですが、大学病院で十分に力量を積んでいるらしく、迷いのない診断をしてくれます。年代が近くなったことで、患者との距離が近くなり、そこに輪をかけるように先生の人柄も温厚なので、患者側からの質問がしやすくなっています。かかりつけ医があることで恩恵を被っていると感じるのは、長期的な視点での体調の管理もしてもらえていることです。体調が悪いわけでもないのに定期的に検査をしましょうといわれると、お金もかかりますし結果も心配になってしまいます。しかしデータがカルテに蓄積しているだけでも、普段の健康状態がわかりますし、何か異常を見つけやすくなっています。決して大きくない地元のクリニックですが、患者との信頼関係を保ってくれているので、大きな病気でない限り頼れる存在です。

|クリニック集客ノウハウ|病院ナビ|サプリメント|病院ラボ|JALカード|病院の教科書|工務店向け集客ノウハウ|クリニックナビ|内職 アルバイト|クリニックの教科書|クリニックラボ|ショッピングカート|病院ネット|オーディオ|医療ナビ|住宅リフォーム総合情報|医療ラボ|健康ナビ|