小児科よりも耳鼻咽喉科に通う子ども達

耳鼻咽喉科クリニック

私の子供は小さい時から耳鼻咽喉科のクリニックにお世話になっていました。小さい子供なら鼻水が大量に出るなんてことはしょっちゅう。当初私自身そう思っていましたが、いつの間にか熱を出し中耳炎になると言うことも多々ありました。子供を保育園に預けながら働いていた私。子供たちが具合を悪くなることがあってもなかなかすぐにお迎えに行くこともできませんでした。中耳炎になると、病院にも何回か通わなくては行けないので子供たちが小さかった時はなかなか大変だったのを覚えています。そこで私が感じたのは風邪がひどくなる前に耳鼻科へ行けば良いだろうと言うことでした。子供が鼻水をたらし始めたらとりあえず家の近くにある耳鼻科のクリニックへ。

季節性鼻炎の治療のため

風邪ではなく季節柄の鼻炎なんてこともよくありましたが、そのクリニックへ通い始めてから、熱を出し保育所を休むなんてことはグッと減りました。小児科だったら薬をもらって様子を見ていくということしか出来ませんが、耳鼻科は鼻をうまくかめない特に小さい子供の鼻水を吸引機で綺麗に吸ってくれ、ネプライザーという機器を使って鼻やのどの炎症を抑える治療もしてくれます。このネプライザーを使用した後はとてもすっきりした感じになります。ちなみに私も小さいときに蓄膿症に悩まされ、耳鼻科に通っていましたのでネプライザーの良さはよくわかっているつもりです。また、風邪だけではなくインフルエンザの時も我が家は必ず耳鼻科へ。耳鼻科でもちゃんとインフルエンザの薬も治療もしてくれます。また、インフルエンザが治った後に鼻や喉の不調があったとしても同じクリニックで診てもらえるのです。風邪の症状があって少しの体調不良があるなと感じたら、内科や小児科より耳鼻咽喉科に通うのをお勧めします。