わからないことは本で調べて処方してくれる先生

かかりつけの内科医院を受診するときはだいたい風邪の症状ですが、たまに一緒に皮膚や眼科の処方をもらうことがあります。そんなクリニックの集客はとても多いお客様さんでにぎわっています。薬局の薬剤師さんは、優しくてきれい
そんな時先生はいつも「専門外だから調べるね」と言って本を出して調べてから、薬を処方してくれます。そして1週間くらい使用して治らなかったら専門のクリニックに行くようにといわれます。
大体は湿疹やものもらいなどありふれた症状ではありますが、きちんと調べてくれるので安心感があります。専門外だからと処方してくれない医院もありますが、かかりつけの医院でついでに薬がもらえるととてもありがたいものです。そしてほとんどの場合その内科で処方してもらった薬で治っているので、病院をはしごすることもなく助かっています。東京根管治療には一番おすすめの歯医者さん選び。
聞いた話によると診療科以外の病気の処方を出すことは禁止されているわけではないようです。
かなくなに診療科目以外の薬は出さないのではなく、かといって簡単に処方するのでもなく、きちんと「専門外だから」と調べて処方してくれる医師なのでとても信頼しています。